クガの現実なんてクソゲーだブログ

ニコニコ生放送で零細ゲーム実況生主やってます。 ゲームとかスマートフォンとかニュースで気になった事、その他色々綴ります

スマートフォン

Huawei Mate9購入・実機レビュー ~カメラサンプル(GalaxyS7Edgeと比較)その2~

Huawei Mate9、あれは良いものだ!

Mate9のカメラ性能比較用サンプル写真パート2。
パート1同様、GalaxyS7Edgeと比較。全てオートで撮影している。

夜の屋外写真を何枚か。

Huawei Mate9 Galaxy S7 Edge
 
9m

10m

17m

19m

20m

21m

22m

23m

24m

25m

26m


9

10

17

19

20

21

22

23

24

25

26


やはり傾向として、S7eは鮮やかに撮れ、Mate9は自然な色合いに撮れるように見える
ただし、S7eのやや明るく撮りすぎる傾向が特に強く出ているのが最後の写真。
S7eは空のホワイトノイズがかなり目立つ。一方でmate9は丁度良い具合になっている。
他数枚でも同様の傾向。




葉っぱを等大で確認して、解像度合いを比べてみる

Huawei Mate9Galaxy S7 Edge
 18m


18



葉っぱをよく見ると、S7eの方が出来る限り塗り絵にならないよう頑張って解像している
ここはデュアルピクセル方式を採用しているS7eの方が強いようだ。

近距離の写真、ここでは唐揚げの写真を比べてみる。

Huawei Mate9Galaxy S7 Edge
 27m

27


鮮やかに撮る傾向にある、S7eの方が美味しそうに見える。

ここで、mate9のカメラ機能である「ハイブリッドズーム」機能についても試してみる。
これは、光学2倍相当のズームまではダブルレンズのモノクロセンサーから画像を切り出すことで
通常のデジタルズームよりも高画質な写真を撮る事が出来る・・・らしい


mate9、S7e両方とも2倍にズームして唐揚げを撮ってみる。

Huawei Mate9Galaxy S7 Edge
28m
 
29m

28

29


2倍にズームしたものを、さらに唐揚げ1個に絞って等大で切り出して確認してみる。
やや焦げている黒い部分を見ると、S7eは潰れてしまっている
mate9はそれほど潰れず、解像がそこそこ維持されている。
つまりはそれなりに効果はあるようだ。


次に「ワイドアパーチャ」機能もテストしてみる。
これはデジタル的に絞りをいじることが可能になり、デジタル一眼に近いボケを出す事が出来る機能。

これについては、はるかに格上の性能を持つ4/3センサーのLX100と比較してみる。
上がF8.0相当、下2枚がF2.0相当。

Huawei Mate9Lumix DMC-LX100

30m

 31m

33m

30

31

33

解像感やボケの綺麗さは当然ながら圧倒的にLX100であるものの
スマートフォンで、ここまで出来れば十分だろう。


今回は全てオートで撮ったが、ISOやシャッタースピードなどを弄れるPROモードや
鮮やかさなどを設定で弄れるので、もっと鮮やかな写真にする事も可能になっている。
少し前まで、中華製端末ぅ~?という傾向にあったが
カメラ性能は概ねスマホ界でトップクラスの性能を持っていると感じた。
恐るべしHuawei。








Huawei Mate9購入・実機レビュー ~カメラサンプル(GalaxyS7Edgeと比較)その1~

ねんがんのHuawei Mate9をてにいれたぞ!

というわけで、Mate9(シャンパンゴールド)を手に入れたので
まずカメラ性能を写真を色々パシャパシャ撮って確認してみた。
いつも通り、グランフロント周辺まで電車を乗り継ぎ遠出しての写真。

今回はGalaxyS7Edgeと比較。全てオートで撮影している。

ヨドバシ店内各所の写真から。

Huawei Mate9 Galaxy S7 Edge
 1m

2

3m

4m

5m

6m

7m

8m

1

2m

3

4

5

6

7

8


傾向として、S7eは鮮やかに撮れ、Mate9は自然な色合いに撮れるように見える
手振れ性能はほとんど変わらず、どちらも優秀な印象。
1枚目の自転車売り場はS7eの方が綺麗に見えるが、
5枚目のLED電灯売り場はS7eの赤が強すぎて不自然になり、Mate9の方が綺麗に感じる。




次はグランフロントの中を色々と

Huawei Mate9Galaxy S7 Edge
 
11m

12m

13m

14m

15m

16m

11

12

13

14

15

16

色合いの傾向は同じ。
ただ1枚目の写真の床を見ると、S7eはライトの光を強く受けすぎているためか床の模様が見えない
一方でmate9は適度な露光で床の模様がしっかり見える
オートだとS7eは白飛びし易い傾向にある感じはあったが、Mate9の方がこの点は優位かもしれない。

屋外の写真や、その他もろもろを試したその2に続く







Galaxy Tab A 10.1 (2016) with S pen (SM-P580)購入 実機レビュー

最近は爆発でお騒がせのサムスンからペン付きタブレットの2016年版が出るという事で買ってみた。
目的は家でみ使用で、メモ、PCから離れたところでのネット検索、落書き用。
日本での入手経路として、Amazonを見るとかなり割高ではあるが、香港版と台湾版が売っているようだ。
ヤフオクにも出品されている。輸入代行だともう少し安く買える。





★内容物と外観
箱を開ける
1_

内容物はタブレット本体、USBケーブル兼電源ケーブル、電源コンセント、ペン先の替え芯
2_

3_

外観は非常にシンプル、お馴染みのホームキーだが指紋認証は搭載されていない。
4_

向かって左側は何もなし
5_

向かって右側に上から、電源ボタン、ボリュームキー、microSDスロットがある
P580はwifiモデルなのでSIMスロットは当然無い
この写真からも分かるとおり、カメラが結構出っ張っている
6_

下側にはスピーカー、片方はマイクかと思ったが両方から音が出る(ステレオの模様)
7_

上側にはイヤホンジャック、microUSBコネクタ、マイク穴がある。
8_

裏面にはカメラ、LEDライト、左下にペンスロットがある。カメラは前述のとおり結構出っ張っている。
ペンは引き出し式、Noteのようにノックで出てくる機構は付いていない
9_

10_

11_

肝心のペンはこんな感じ、ペン先は爆発したNote7と同じタイプか?
12_

13_

多分海外で売られているものと思われるが、AmazonでP580用のケースや保護シールも何種類か売っているようだ。ケースはその内買ってみる予定。










★動作編

電源を入れて動作させてみる。
最近のグローバル版Galaxyでは珍しくないが、日本語がデフォルトで入っているので助かる
14_

いわゆる中華フォントではなく、ちゃんとした日本語で日本語化の面倒な手間が省けて良い

これを買おうと思っている人で気になるのは、手書き認識するかどうかについてだが
オプションを見ると手書き認識のオプションに日本語があり、実際に日本語を認識するのを確認。
デフォルトがSamsung notesだがNote5の仕様から色々変わっていて、使いづらい
その内慣れるのだろうか?

15_

外で使う予定もないので、手書き認識はどうでも良いといえば良かったのだが、色々捗りそうだ。

ペンの書き味はまぁまぁ良くて、絵や字を書くのに特に支障は無い感じ。
電源OFF時にペンを引き出すと、黒板に字を書く機能ももちろんついているので安心されたし。
ただしタブレット故に、横向きで黒板モードにして字を書く事があると思うが、その場合90度回転したままになり不便
16_


性能を見ていってみる
SM-P580の公称性能は以下の通り

OS::Android 6.0 Marshmallow
CPU:Exynos7870
RAM:3GB
ROM:32GB
サイズ:254.3×164.2×8.2mm
重量:554g
ディスプレイ:10.1インチ TFT 液晶 マルチタッチ 静電容量式
解像度:1920×1200
バッテリー:7300mAh

Exynos7870はCortex-A53を8基積んだ、オクタコアCPU。
A53のみなので省電力には期待できそうだが、性能はお察しと言うところだろう。
解像度がWQHDではないので、そこそこ動くんじゃね?という感じか。
ネックなのは1920×1200というタブレットでは珍しい解像度である点、理由は後述。

まずはAntutuを見てみる
スコアは46378、お世辞にも性能が良いとは言えないが、CPUからすればこんなもんかという感じ。
17_

全RAM2.7GBで、空きRAMは1GB程度、Galaxyはメモリをあるだけ使う感じなのでこっちもこんな感じか。
18_

普段使っているアプリなどを試してみたが、極端に動作が遅いという感じは無かった。
普段使いなら支障がないレベルな予感。

動画再生を試してみる、MX Player使用。
FullHDであれば問題なく再生されることを確認。WQHD以上は正常に再生出来なかった。
解像度が1200pなので上下に黒帯が入る。
19_

ゲームを試してみる、お馴染みのアイドルマスターシンデレラガールズをテスト。
3Dでも動作は問題ないが、最適化されていないためかジャギジャギで話にならない。
Exynos7870が日本のアプリ側で最適化される事は今後ありえないと思うので、後述の理由含めてゲームでは使い物にならないということになる。
20_

最初のスクリーンショットでお気づきの方もいると思うが、もう一点致命的な問題点がある。
それは端がカットされてしまう点だ、つまり一辺の解像度が1080じゃなくて1200なため、上にフィットされてサイドが切れる。
S7edgeと比べると、端の柱が見えなくなっているのが分かる。
21_

これは何かで設定すれば直るのかもしれないが、適当にやってみた限りでは分からなかった。
他のゲーム等でも支障が出そうなので、はっきり言ってゲームには向いてない。
まぁ、このタブレットでわざわざゲームする人はいないと思うが。

このタブレットはOLEDではないのでS7edgeに比べるとやや色味が薄く見える。
日本人はOLEDよりこっちのが好きという人もいるかもしれない。

カメラは大した性能じゃないので割愛、このタブレットにカメラ性能を求めてる人もいないだろう。

電池持ちは軽く使った感じだと10時間ぐらいは行けそうか?というレベルだった。
家で使う目的なので、あまり電池持ちを重視していないため、不満は特になし。


結論として、家でメモ代わりに使ったり、絵を描いたり、ネットでちょっと調べ物するぐらいなら、特に問題なく有用に使えそう。
一方でゲームには全く向いてない。CPUが日本で展開されていない物なので、ゲームやアプリの相性問題が、今後改善する見込みも無い。

ペン付きのタブレットに興味がある方は検討してみては?







Galaxy S7 Edge(SCV33)購入・実機レビュー ~電池持ち・バッテリー持ち、動画の再生テストもちょろっと~

発売しておおよそ1週間経ったので、電池持ちについてレビューしてみる
後述にもあるが、GalaxyS7Edgeには有機ELディスプレイが使用されており
このディスプレイは色合いによって消費電力に大きな差が出るため、
使用状況・方法による誤差は液晶のモデルと比べて確実に大きくなる事を事前にお見知りおき頂きたい。


★画面オフ時

画面オフの休止状態(Allway on Display未使用)だと、おおよそ1%/4hrぐらいの消費になる。
1時間辺り0.25%の消費で特に問題ないレベルだろう。
_03


★日常使用
画面輝度をおおよそ45%程度に固定し
基本的に4G回線を使用して、使って見たときのバッテリーグラフを出してみる
_01

丸一日、アプリ・電話・カメラなど所々で使用して(この端末ではLINEは使用していない)
1日合計で2時間ちょっとぐらい使うとこんな感じ
_02

2時間ちょい使用で28%減、おおよそ14%/1hrぐらいの計算になる。
概算で電池フル状態から7時間ちょっとぐらいは使用できる事になる。

別の日のグラフ
おおよそ4.5時間ぐらい使用。使用アプリ等は前述とあまり変わらないが
この日はマップのテストのため、GPSを少し使用した。
_04

約4.5時間で54%使用なので、12%/hr減ぐらいの計算になる。
従ってこの日のような使い方であれば、1日8時間ぐらいは使える計算になる。

2日分の温度グラフを見ても分かるとおり、日常使用であれば精々35℃止まりで
体感としてもそこまで熱くはならない印象。


リスト表示で、連続使用時(ほとんど画面ONで使っているが、時々画面OFF有)の電池消費を見てみる
_05

52分で8%消費しているから、6.5分で1%の消費と考えられる。
そのままなら1時間で約9%の消費になるが、時々画面をオフにしていた事を加味すると
10%~11%/1hr減、1日9時間~10時間使える計算になる。
上記2つより時間が長くなったのは、この時は読み物アプリを主に使っていたため
通信をあまりしていなかった事、アプリの黒い画面が多かった点などが原因だと推察する。

以上の事から、輝度が45%程度であればおおよそ7時間~10時間ぐらいが実使用可能時間と推定する
以前にisai vividが約5~6時間と推定したが、それと比較してCPUおよびバッテリー容量の差、
有機ELの良い所など考えれば比較的妥当な電池持ちと言える。
ただし有機ELディスプレイなので、白っぽい画面が多い場合、黒っぽい画面が多い場合で
大きく消費電力に差が出るため、使い方によって電池持ちの感じ方は変わるだろう。



★動画閲覧時の消費電力はどうか?
消費電力の前に、どのレベルの動画まで再生できるのか確認してみたところ
MxPlayer使用で、4K60fpsの動画でもヌルヌルで再生できる事を確認した。
S820およびAdreno530はそこそこのPCに詰まれたCPU・GPU以上の能力があることが分かる(240fpsの動画は流石に再生できなかった)。
_06

なお、S808搭載のisai vividではFullHDが限界で、4Kはまともに再生出来なかった。

では動画再生時の電池持ちについて、確認して見る
MxPlayer使用で、アプリ内輝度8・音量3でループ再生し続け、消費電力を確認してみた。

isai vividと比較するために、FullHD動画で実施
まずはGalaxy S7 Edgeの結果
_07

43分再生で、5%減。平均すると、8.6分/1%減となった。
この条件であれば、約14時間連続で動画を再生し続けることが出来る。
通信を一切していない分、日常使用よりも長く使えるようだ。

また、温度はこの間0.3℃しか上がっておらず、熱耐性も非常に高い。


比較用として、isai vivid(LGV32)を用いて同じ条件でテスト
_08

32分再生で、8%減。平均すると、4分/1%減となった。
この条件であれば、6時間40分連続で動画を再生し続けることが出来る。

また、温度が約2℃上がっており、GalaxyS7より熱を持ちやすいということになる。


動画だけで考えると、GalaxyS7はisai vividの倍の時間使用できることになる。


ついでに4K60fps動画を使って、同じ条件でテストしてみた(isai vividは再生できないのでテスト不可)
_09

21分で5%減、平均すると4.2分/1%となった。
やはり再生は出来るものの、負荷がかなり激しいようで電池消費が激増した。


まとめると、まぁまぁ電池が持つと言って良い端末かなという印象になる





Galaxy S7 Edge(SCV33)購入・実機レビュー ~システム周り(GPS、ゲーム(デレステ他)、ベンチも)~

外装のレビューの次はシステム周りを見ていってみる

★通知バー
大きな特徴は無い、一通りの物は揃っている感じ
バイブレータだけでなくサイレントにも設定できるのは楽
ボタンは移動できる

_01


★設定
よく使う項目を上に置いておく事ができる
_02

上からずっと見ていって、特徴のある項目を拾っていってみる
まずはスマートマネージャー
RAM消費、ROM消費、バッテリー状態を見ることが出来る。
RAMについては、ギャラクシーシリーズは割りと豪快に使っていく感じでチューニングされているようだが
今回もそれと違わず、4GBRAMながらも空き1GBを切る事も珍しくない状態。
_03

バッテリーの項目では、急速充電および高速ワイヤレス充電のONOFFを設定できる
一般に急速充電は電池が熱を持つことで、電池の劣化が早まる(どの程度かは不明)らしいので
長く使いたい人は急速充電をOFFにするのも手だと思う
_04

セキュリティには、ギャラクシーお馴染みの指紋認証が設定できる
なお、設定できる指は4つまでになっている、富士通の10に比べるとやや少ないが
十分な数ではある(iPhoneはもっと少なかったはず)
_05

ディスプレイの項目で特徴的なのは、Always on Display機能だろう
電源OFFでも時計やカレンダーなどを表示する
選べる項目は3つで、「時計」「カレンダー」「画像」
画像は好きな画像ではなく、プリセットのみ
_06_07

有機ELなため、Always onで常時表示される事が原因による焼きつきが気になるが
定期的に違う場所に表示されるように設定されている
とは言え、電池を結構消費する(公式では0.8%/1hr)ので頻繁に時計を見る人以外はOFFでいい気がする
_08_07

グローバル版を輸入して使っている人にはお馴染みだが、フォントも変えられる
デフォルトでは4種類入っており、追加も可能
_09

エッジパネル(デフォルトでは右側エッジを左にスワイプすると出る)機能も色々充実しているが
定規・ライト・方位磁石が付いたツールぐらいしか使わなさそう・・・
Galaxy storeで追加する事も可能
エッジパネルハンドルは、透明度を100にすることをオススメする。
透明度が100でない場合、常に画面の端にハンドルが表示され続けることになり目障りという点以外に
画面焼き付きの原因になる。

_15_14

あとの特筆すべき点は発売前からも謳っていた、ゲームツール・ラウンチャー機能だろう
ラウンチャーはまとめるだけでなく、ゲーム動作性を優先するためのFPSや解像度を落とす機能も付いている
_10

ツールはキャプチャや録画、戻るキーの一時無効化など
ゲームをガシガシやる人間には嬉しい機能だ
録画はゲーム画面のみならず、インカメを使って自撮り画像を合成する事も可能
ニコニコやyoutubeなど動画サイトへのアップロード目的としても使いやすい
_11

キャプチャは本体のDCIMフォルダ下に保存される

もう当たり前になっているので触れる必要もないと思うが、簡易留守録(伝言メモ)には対応している。
余談だが、通話を全部自動録音する機能もそろそろ付けて欲しい所だ(通話中に録音ボタンを一々押すのは面倒)





★GPS

ギャラクシーというと過去のモデルでは、GPS機能がお粗末だったことがよくあるイメージだが
今回はどうか見てみる
まずはGPS testで衛星の掴み具合を確認

屋内(コンクリート製建物内)
_12

屋外
_13

十分に補足しているように見える、実際にマップやエッジパネルの方位磁石を使ってみたが
精度および速度も十分で、過去モデルとは違い優秀


★ゲームをプレイしてみる
まずはLGV32でも試したnanaca crash

_16
_17

全く問題なし、ヌルヌル動く。
30分ほどプレイしてみたが熱も30℃前後までしか上がらず、非常に安定。

次にラブライブ!スクールアイドルフェスティバル(スクフェス)をプレイ

_18
_19

全く問題なし、nanaca crash同様熱も持たない。

最後にアイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージをプレイ
5月24日時点でプレイすると、2D軽量が最適に設定され映像もジャギジャギ
_20
_21

無理やり3D標準でプレイすると、渋谷凛がのっぺ凛に・・・
_22

という悲惨な状況だったが、5月25日の午後にS820(Adreno530)に対する修正が入ったらしく
25日の夜にプレイすると3D標準で非常に快適にプレイが可能になっていた。

もちろん、映像も非常に綺麗。
本体温度も35℃前後までしか上がらず、安定してプレイ出来る。

_23
_24


ゲームではないが、QRコード生成アプリのほとんどがまともに使用できず
おそらくS820またはAndroid6.01への対応がまだな事が原因で、まともに使えないゲーム・アプリがそこなりにある点には注意されたし。


★ベンチマーク
Geekbench3でベンチマークを測定
_25

シングル2056、マルチ5353という数値が出た。アプリ等使った後でのベンチなので
ネットに転がっている数値よりはやや低いようだ、シングルスコアはS808のLGV32の2倍近くあり
圧倒的なCPUパワーを持っていることが分かる。


最後に余談として知ってる人には当然だろうが、バイブモードに設定してもメディアの音量は0にならないので注意して欲しい。
つまり、電車などでバイブモードだから大丈夫だろうとyoutubeを開くと音が流れてしまう。
Myvolume(S7edgeで使用できるのは確認済み)などをホームにおいておくと便利。





http://com.nicovideo.jp/community/co465239 FF14はMandragora鯖でプレイ中
何かしら連絡したい方は上記twitterアカウント
もしくはkuga.genjitsu.kusoge@gmail.comまで


Google
Amazonお買い得情報
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。