クガの現実なんてクソゲーだブログ

ニコニコ生放送で零細ゲーム実況生主やってます。 ゲームとかスマートフォンとかニュースで気になった事、その他色々綴ります

スマートフォン

Huawei mate9のストレージの品質に関する問題

最近Huawei P10に使用されているストレージやRAMの仕様がバラバラという
報告がされていたが、日本向けmate9でも品質の問題があるようだ。

それはROMの性能が一律ではない点。

従来Huawei公式ホームページにはこういう表記がされていた(4月6日のキャッシュより)。
003

赤で囲った部分に注目してほしい
新しいUFS2.1フラッシュメモリにより、eMMC5.1と比較し、データ転送速度が100%高速化

つまり、ROMにUFS2.1を採用したことを明示している。

これについては、割と簡単に測定できる。
というのも、eMMCなら読み込み速度が300Mb/s前後で、UFS2.0なら500MB/s~600MB/s前後、UFS2.1なら700MB/s~800MB/s前後になるからである。

そこで手持ちの発売日に買ったmate9、シャンパンゴールドで速度を確認してみる。
確認ソフトはA1 SD Bench

001

Readが511MB/s、これはUFS2.0の可能性が高い。
残念だが、eMMCじゃなかっただけマシと考えるべきか?

ツイッターなどを見てみると、Readが350MB/s程度しか出ていない端末の方も多いようで
これはほぼ確実にeMMCだと思われる。


余談だが、RAMが7GB/sしか出ていないのも気になる、LPDDR4なら14GB/s以上出るはずなのだが
まさかKirin960はシングルチャンネル?ここはあまり言われてないが、怪しい。

さて、UFS2.1採用を謳っているのに、実際はUFS2.0やeMMCが搭載されているなら
これは景品表示法に明らかに違反している事になる。

さて、4月26日現在のファーウェイ公式の表記はどうなっているかというと・・・
004

なんと、ROMの表記をまるまる消している。
つまり、Huaweiに瑕疵があった可能性が高い。

※4/28、ROMのUFS2.1表記が復活、しらばっくれる方針で確定したか?
さらにmate8との比較ということに変更したようだ。
gizmochinaの記事では、USF2.0チップが搭載されていたとあったが

既にいろんなサイト、個人などからHuaweiに総ツッコミが入っており
改めて回答すると返事しているようだが、果たしてどうするか?
世界で第3位のメーカーになり、日本でも根付きだしたが、対応如何では
爆発する危険スマホを作った、サムスンの二の舞になりそう。







Huawei Mate9購入・実機レビュー ~電池、バッテリー持ちの種々テスト~

購入して1週間以上経過し、充電も何回か実施(今は初期の充放電は要らないという話もあるが)したので
電池持ちについて改めて調べていってみる

確認の前に、電池持ちで一番重要なのはディスプレイだが
mate9のディスプレイはIPSのFullHD液晶である。
念のため、マイクロスコープで確認してみたが、やはり綺麗なRGB配列。
hikaku

では電池持ちを見ていく。

ただし、画面輝度や実際の使用するアプリや通信状況で電池持ちは大きく変わるので
あくまで参考値としていただきたい。



★ディスプレイオフ時の電池消費はどうか?
未使用時は概ね、4時間に1%減るぐらいの感覚、0.25%/hぐらいの消費。
そこそこ優秀という印象か
01


★使用時の消費電力
使用時の消費電力を見ていってみる
画面輝度はおおよそ40%弱程度に固定
02


輝度を測定したわけではないが、見た目でGalaxyS7egeのバッテリーテスト時と同じぐらいの輝度に設定。
従って、S7edgeのテスト結果と対比してもそれなりのデータにはなっているはず。

ある日の使用電力消費。使用アプリはtwiterなどのメッセンジャーアプリを複数、メール、
その他読み物系アプリなど。
通信はほぼdocomoの4G通信で行っている。
03


73%から使用し始めて、深夜に使用終了時に53%。
18時から翌0時半ぐらいまでの6時間半使用、実際にディスプレイをオンにして使用した時間は約2時間。
2時間で20%消費になるので、10%/1h消費ということになる。これはかなり優秀な数値だ。
そのまま換算すると、10時間連続で使用できる事になる

別の日を見てみる
この日は端末のデータをパソコンに移すために、若干USB接続やwifi接続も実施している。
04

99%から36%まで減っており、実際の使用時間は約6時間になる。
同様に換算すると、63%が6時間で減っているので10.5%/hの消費となる。
これは連続で10時間近く使用できる計算になる。
この日はスピーカーでガンガンに音楽を流しながらネットしたりしたはずだが、なかなか電池が減らない感じ。

さらに別の日の結果がこれ
05

100%から44%まで減っており、合計で6時間弱の使用というところだろうか。
56%が6時間で減っているので、9.3%/hとなり、やはり10時間は使える算段になる。

温度についても、上がっても35度という印象でそれ以上は上がらないようだ。
体感として、端末自体もほとんど熱を持たない。

総じて、実際の使用だと10時間前後は使えそうな印象だ。
個人的な感覚として、S7edgeより電池は持つ。





★動画の連続再生時間
動画再生時の電池持ちについては、GalaxyS7edgeの時と同様に
最近改悪されたMxPlayer使用で、アプリ内輝度8・音量3でループ再生し続け、消費電力を確認してみた。
使用動画はFullHDの「干物妹!うまるちゃん」のオープニング。
09


15時20分からスタートした結果が以下のスクリーンショット
06

綺麗な直線を描いている、実際の使用状況リストを見てみる。
07

見てのとおり、1%電池容量が減るのにかかる時間が6~9分という感じになっている。

15時21分から16時55分の94分で96%から82%まで減っているので、
平均して1%減るのに6.7分かかる計算になる。従って1時間に8.9%減る事になる。
つまり、実使用のデータとほとんど変わらず10時間程度は連続再生できる算段になる。

実使用、動画再生のデータからも分かるとおり電池持ちは相当優秀で
電池持ち特化のF-05Fに匹敵するレベル
と推察される。
やはり電池持ちに関しては、4000mAhにFullHDという低めの解像度なのが、かなりプラスに働いている。


★充電時間について
超急速充電と、普通の充電を比較してみる。
超急速充電は、別の記事にもスクリーンショットを貼ったが、以下のとおり。
20

20%から99%、つまり80%充電するのに約1時間ちょっとというところだ。

Huawei謹製のプラグではなく、普通にUSB-Cケーブルで充電した時はどうなるか見てみる。
08

24%から100%まで充電するのに約2時間かかった。
つまり76%充電するのに2時間弱かかるということになる。
これでも十分早いとは思うが、倍近く充電時間が異なる事が分かる。


充電時間の速さと、電池持ちの良さでバッテリー周りはかなり快適な印象。
贅沢言えば、Qiが付いているとさらに嬉しいところだが、それは今後に期待。







Huawei Mate9購入・実機レビュー ~カメラ機能、一部ハード、システム周り(GPS、デレステ他ゲーム、ベンチなど)、超急速充電~

mate9の中身を見ていく、特徴的なものを紹介

★カメラ
実際のカメラサンプルはこちらを参照
撮影画面には、色合いを変えるスイッチや、LEDライトなどの一通りのオプションが揃っている
左右にスワイプでオプションや撮影モードの変更が出来る
1

2

設定の「ウォーターマークを追加」機能は、左下にLEICAロゴを写真に入れる機能。
それで画質が良くなるわけじゃないが、何となく良い写真に見える気がする。
3

Huaweiのカメラで特徴的なのが、グリッドの「フィボナッチスパイラル」だろう。
黄金比でどんどんやっていくと、出来上がる曲線だ。
これで構図を決めると、美しい写真が撮れる(かもしれない)。
4

写真を撮った後、色々加工が出来るのはお約束だが
その中でも面白いのが、「スプラッシュ」機能。
モノクロ写真の一部だけ色をつける加工、オサレな雑誌などで見かけるアレ。
味のある写真になる。赤色だけつけてみた。
5

サンプルの写真を見てもらっても分かるが、カメラとしての性能も高いし
色々設定をいじれるので、そっちでも楽しめるだろう。


★スピーカーとイヤホン
スピーカーはモノラルではなく一応ステレオで
実際に音を鳴らすと、下写真の2箇所から音が鳴る。
6

ただし、このステレオはかなり変則的なステレオで2箇所から同じ音が出ていない
上部からは高めの音、下部からは低めの音が鳴るようだ。
従って、あまりに端末に近づきすぎると音がややおかしい。

音量自体は大きく、音質についてもスマホとして考えればそこそこというところか

イヤホンも顕著なホワイトノイズもなく良好。
ちなみに謹製のアプリだと、ヘッドホンが抜けると自動で再生が止まる仕様になっている。




★GPS性能

昔の端末は時々とんでもなく酷いものがあったが、最近は概ねどれも問題ない性能。
mate9も確認してみる。

コンクリート建物屋内
7

屋外
8

測定も早く、Google Mapを試してみたがGPSについては全く問題ない性能
安心して使用できる。


★システム周り
Android7.0で、デフォルトで二画面が使える(履歴キー長押し)
9

ディスプレイの記事でも紹介したが、ディスプレイの色温度がいじれるのは嬉しい人も多いはず
24

4GBRAMでFullHDなのもあって、空きRAMにはかなり余裕がある印象。
64GBROMなのも嬉しい。
11

DSDS対応(DSDAでは無いようだ)。Foma simが使えないという話もあったが
片方にデータSIMを刺せばドコモ契約のFoma simが使えるようだ
私はテストしていないので断定は出来ないが。
12

通信について1点だけ注意、キャリアアグリゲーションは最初OFFになっているので
ONにすること(要再起動)

13

一通りの設定はそろっているものの、困る点が2点ある
1つ目は、アプリ類の通知にアイコンが使えない点だ。通知数の表示しか出来ない。
左上を見てもらえば分かるとおり、数字しか表示されていない。
10

もう1つがフォントを変更できない点だ。これは結構残念な人もいるはず。

この辺はアップデートでの改善が望まれるところ。




★ゲームの動作確認
ゲームの動作確認をしてみる、まずはお馴染みデレマスこと、アイドルマスターシンデレラガールズから。

3D標準でもサクサク動くには動くが、ジャギジャギで画質がお話にならない。
14

15

GPU性能としては十分だが、アプリ側のチューニングがされていないためと推察される
キャリアモデルではないので、この辺の改善はあまり期待出来ないと思う。

次は白猫テニスをテストしてみる。
16

17

画質、動作ともに全く問題なし。サクサク動く。

他に、ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル(スクフェス)nanaca crashをテストしてみたが、こちらも全く問題なし
本体もやや暖かくなる程度で(35℃前後)、熱についても問題はなさげ。

結局、ゲームをやるためのGPU性能は十分だが、
個別にチューニングが必要となるゲームが出来ないというだけだろう



★動画の再生テスト
MXplayerでの4K2Kの動画の再生も特に問題なかった
GPUが強化されたのと、解像度がFullHDなのもあるだろう。


★ベンチマークテスト
まずはおなじみのAntutuでテストしてみた
結果は132536、GalaxyS7並のスコア。Kirin960の性能はなかなかのようだ。
18

Geek bench4でもテストしてみる。
結果はシングルスコアが1920、マルチスコアが6023
こちらもGalaxyS7同等以上のスコア。
19

普段使いとして、アプリやブラウザなどもサクサクで引っかかる事が皆無なので
FullHDに対して十分な性能があると言える。



★超急速充電のテスト
Huaweiが売りにしている、5V4Aの超急速充電を最後にテストしてみた。
充電中は「超急速充電中」と表示される。
21

結果として残量19%から、残量99%まで約1時間で完了
80%まで40分弱、残り19%に20分という内訳だ(電池保護のためだろう)。
20

充電を忘れた朝などに便利そうだ。
ただし、超急速充電は付属のケーブル&充電端子を使用する必要がある








Huawei Mate9購入・実機レビュー ~外装・ディスプレイ~

取り急ぎカメラのレビューを書いた後は、外装関係のレビュー。

箱がやたら高級感がある。
17

開けると端末が入っている、ビニールなどには包まれていない
18

さらに箱を開けると、付属品一式が左右に分けて入れられている。
19

左側に、オマケ?のプラスチックケース(正直ちゃちい出来のもの)と説明書、SIMスロット用のピン。
20

22

右側の箱にはイヤホン、USBA-Cケーブル、超急速充電用コンセント、変換コネクト
21

端末の外装を見ていく
購入した色はシャンパンゴールド、インカメラ・近接センサーの他通知用LEDランプも当然あり
16

なお、ディスプレイには保護シールが最初から添付されている
ただし、このシールは端までないので、もしかすると運送中の保護シート扱いなのかもしれない。
(価格comにメーカーに問い合わせて、その回答をもらった報告あり)
また、表側はZenfoneに似たヘアライン加工がされている。
1

7

ゴールドだが、黄色みは抑え気味でまさにシャンパンゴールド
裏面は光沢コーティングが施されていて、
プラスチックとは明らかに違うものの若干プラスチック感アリ
(シルバーは光沢なし)。
光沢だが指紋はあまり目立たない感じ。
裏面にはダブルレンズのカメラ、指紋センサー、LEDライト。
なお、指紋センサーの認識速度は尋常になく速く(S7eより速い)、かなり使い勝手が良い。

8

9

真ん中にUSB type-C端子、左側がマイクで右側がスピーカー
だがモノラルスピーカーではなく、ステレオスピーカー(高音と低音で分けられた特殊タイプ)。
2

向かって左側には、SIMスロット。
2スロットありDSDS可能、どうやらFOMAシムを使う事が出来るようだ(片方にデータSIMを入れれば)。
ただし、microSDカードと排他関係にあるため、デュアルシムとSDカードの使用を両立させられない
3

4

23

上側は、イヤホン端子と赤外線センサー。
5





★Galaxyと比較してサイズ感を見てみる


GalaxyS7edge、GalaxyNote5と比較してサイズ感を確認。
10

S7edgeよりひと周り、Note5より若干縦が長い印象。
mate9は底がラウンドしているためか、幅は広いはずだが持ちやすさについてはNote5と変わらない印象

厚みについては、3台ともほぼ同じ。
11


★ディスプレイの発色

ディスプレイの発色を同じく、S7edgeとNote5と比較してみる。
12

FullHDだがドット感はほとんど感じず、十分な綺麗さ
ただし、流石にOLEDと比べるとややビビッド感は薄い
OLEDの発色が嫌いな人もいると思うので、こっちの方が好みの人もいるかも

角度を付けた時も見てみる
13

IPS液晶だけあって、角度をつけてもある程度の発色は保っているが
ここもOLEDには流石に適わない。

別サンプル
14

15

写真からは分かりづらいかもしれないが、赤はmate9の方が濃い感じだ。

なお、mate9はディスプレイの色温度を変える機能が付いているので
ディスプレイの色合いはある程度好みでいじれる。

24


中身のレビューはもう少しガッツリ弄ってみてからの予定








Huawei Mate9購入・実機レビュー ~カメラサンプル(GalaxyS7Edgeと比較)その2~

Huawei Mate9、あれは良いものだ!

Mate9のカメラ性能比較用サンプル写真パート2。
パート1同様、GalaxyS7Edgeと比較。全てオートで撮影している。

夜の屋外写真を何枚か。

Huawei Mate9 Galaxy S7 Edge
 
9m

10m

17m

19m

20m

21m

22m

23m

24m

25m

26m


9

10

17

19

20

21

22

23

24

25

26


やはり傾向として、S7eは鮮やかに撮れ、Mate9は自然な色合いに撮れるように見える
ただし、S7eのやや明るく撮りすぎる傾向が特に強く出ているのが最後の写真。
S7eは空のホワイトノイズがかなり目立つ。一方でmate9は丁度良い具合になっている。
他数枚でも同様の傾向。




葉っぱを等大で確認して、解像度合いを比べてみる

Huawei Mate9Galaxy S7 Edge
 18m


18



葉っぱをよく見ると、S7eの方が出来る限り塗り絵にならないよう頑張って解像している
ここはデュアルピクセル方式を採用しているS7eの方が強いようだ。

近距離の写真、ここでは唐揚げの写真を比べてみる。

Huawei Mate9Galaxy S7 Edge
 27m

27


鮮やかに撮る傾向にある、S7eの方が美味しそうに見える。

ここで、mate9のカメラ機能である「ハイブリッドズーム」機能についても試してみる。
これは、光学2倍相当のズームまではダブルレンズのモノクロセンサーから画像を切り出すことで
通常のデジタルズームよりも高画質な写真を撮る事が出来る・・・らしい


mate9、S7e両方とも2倍にズームして唐揚げを撮ってみる。

Huawei Mate9Galaxy S7 Edge
28m
 
29m

28

29


2倍にズームしたものを、さらに唐揚げ1個に絞って等大で切り出して確認してみる。
やや焦げている黒い部分を見ると、S7eは潰れてしまっている
mate9はそれほど潰れず、解像がそこそこ維持されている。
つまりはそれなりに効果はあるようだ。


次に「ワイドアパーチャ」機能もテストしてみる。
これはデジタル的に絞りをいじることが可能になり、デジタル一眼に近いボケを出す事が出来る機能。

これについては、はるかに格上の性能を持つ4/3センサーのLX100と比較してみる。
上がF8.0相当、下2枚がF2.0相当。

Huawei Mate9Lumix DMC-LX100

30m

 31m

33m

30

31

33

解像感やボケの綺麗さは当然ながら圧倒的にLX100であるものの
スマートフォンで、ここまで出来れば十分だろう。


今回は全てオートで撮ったが、ISOやシャッタースピードなどを弄れるPROモードや
鮮やかさなどを設定で弄れるので、もっと鮮やかな写真にする事も可能になっている。
少し前まで、中華製端末ぅ~?という傾向にあったが
カメラ性能は概ねスマホ界でトップクラスの性能を持っていると感じた。
恐るべしHuawei。








http://com.nicovideo.jp/community/co465239 FF14はMandragora鯖でプレイ中
何かしら連絡したい方は上記twitterアカウント
もしくはkuga.genjitsu.kusoge@gmail.comまで


Google
Amazonお買い得情報
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。