過去に記事にして、動画にまでしたニンテンドーswitchのHDMI連携不具合だが
2017年6月20日に配信された、ver3.0.0で修正された

発売日からこの不具合は報告されており、4ヶ月近くかかっており猛烈に遅いが
個人的には任天堂は不具合を放置すると思っていたので
遅いにせよ、対応されたのは幸い。


実はこの不具合修正パッチが来る数日前に、個人的に対応する方法を思いつき
実際にテストして問題が出ないのを確認していたので、対応されなくとも
モンハンXXは快適にプレイする予定で、ここ数日はドマとアラミゴの奪還作戦を実施していた。

詳しく調べていないのでわからないが、このパッチでもまだHDMI連動関係で
不具合が出ている人がいるかもしれないので、ユーザーレベルの対応方法について
参考情報として記事にしておく。


具体的には、今回の不具合はHDMIcecに関係するトラブルなので
ニンテンドーswitchとテレビの間に、完全にcec情報をカットできる機器を挟み込めばどうかと考えた。

いろいろ考えてテストし、成功した方法は以下の2つ。


①スプリッターを使う方法
今回使ったのは、ラトックシステムのREX-HDSP2A

ラトックシステム 3D対応1入力2出力HDMI分配器 REX-HDSP2A
ラトックシステム (2013-03-28)
売り上げランキング: 20,993
これは入力された信号を2出力するスプリッターだが、ホームページをよく見ると
HDMIout1のみcecに対応している事が明記されている、つまりHDMIout2は未対応である

接続方法は、switchのHDMIoutをREX-HDSP2AのHDMIinに接続し、HDMIout2からテレビに接続する。
HDMIout1は未接続でも問題ない。

001

本体バージョンが2.3.0の状態で、この接続方法であれば
数十回の本体抜き差し、1週間近くREGZA・Z20Xに接続し続けてもHDMI連動不具合が発生しないことは確認済み。
ちなみに、HDMIout1をテレビに繋ぐと不具合が発生する。

ただし、switch側のcecを完全に抹殺しているので、switchの連動機能は一切使えなくなることはご承知おきいただきたい。

今回は公称で確実にcecに対応していない機器を使ったが(というか家に2台もこれがあった)、
安いスプリッターでもいけるかもしれない。安くて似たような機能なのはこのあたり。





②HDMIの13ピンを殺す方法
REGZAに接続した全ての機器のcecを抹殺する信号は、switchのcec信号ではないが
cec信号が送られているHDMIの13ピンを使われているとすれば、
HDMIケーブル、またはリピーターなどの13ピンを完全に殺してしまえば異常が出なくなるかもしれない。
005

という事で考えられるのが、HDMIケーブルの13ピン部分にテープなどを貼って、
信号を伝えないようにする方法やリピーター内部で配線を切断するなどが考えられるが、
今回は専用の器具を使った。

LINDYのHDMI F/M CEC Less ADapterである。
これは13ピンが完全に物理的に排除されている、オス・メスのHDMIアダプターになる。
002

003

ただし、この機器は日本ではほとんど販売されていない。
※後日調べたところ、LINDYの日本公式通販サイトがあるみたいです
http://www.lindy-sales.jp/SHOP/41232.html

Amazonに一応マーケットプレイスで売っている業者はいるが、かなり高い。

買うとすれば米尼か英尼あたりが入手しやすい、おおよそ15ドル前後で売っているはず。
なんかで使うかもということで、当方はこれを4個買っていたのでそれを流用してテスト。

テレビに接続している部分に、これを差し込むだけでオッケー。
004

スプリッター同様のテストを実施したが、こちらの方法でも本体バージョン2.3.0で連動不具合は発生しない。
もちろん、switchのHDMI連動機能は使えなくなる。

ちなみにLINDYのアダプタは双方向性があるようなので
switchドックにアダプタを指して、そこからHDMIケーブルを繋げば見た目も取り回しも楽になるので
ドックに刺しっぱなしにするのがおすすめ。

もし、3.0.0や今後のアップデートで異常が出た場合は、上記方法を試せば
一時しのぎにはなるはずなので、ご参考に。


Nintendo Switch Joy-Con (L) ネオンブルー/ (R) ネオンレッド
任天堂 (2017-03-03)
売り上げランキング: 11




コメントする

名前
URL
 
  絵文字