引き続き、カメラの実例をアップする
肉がまずそうなのは安い肉だから・・・、お金があれば良い肉の写真が撮れます!
アフィをクリックしまくってください(ゲス顔)
とりあえず、オシャレで美味しそうなイタメシの写真などは、別の方にお任せする
コーラ

肉

マニュアルモードが中々面白いので、色々撮ってみた
写真を切り出し、1/2のサイズに落としている。
被写体はドロッセルお嬢様、まずはオート(ベーシック)で
若干、青っぽい気はする
オート

次にマニュアルモードにして
ISO300、シャッタースピードを1/30に固定してホワイトバランスを弄ってみた
ホワイトバランスは2400K~7400Kまで設定できる

7000K
7000K

6000K
6000K

5000K
5000K

4000K
4000K

3000K
3000K

オートでもそこそこ綺麗だが、色合いに納得がいかない場合など
ある程度知識がある人であれば、マニュアルで自然に近い色合いに持っていくことが出来ると思う

マニュアルフォーカスは8cmまでとかなり寄れるので、擬似マクロモードとしても使える
絞り設定がないものの、これである程度ボケも出せる
マニュアル8cm

ISOは50~2700まで、シャッタースピードは30~1/6000まで設定可能になっている。
ISOによる写真の変化を見ていく。わざと蛍光灯を落とし暗いところで撮影。
シャッタースピードは1/30で固定。

ISO50
ISO50

ISO200
ISO200

ISO400
ISO400

ISO800
ISO800

ISO2000
ISO2000

ISO400ぐらいからノイズが目立ってくる感じだ、ISO2000まで行くとかなり厳しい。

インカメラに期待している人はいないと思うが、一応サンプルを。
はっきり言ってゴミ画質で、ロクに使えたものではないので
自撮りでブスすぎてつらーい(パシャパシャ、ソンナコトナイヨー)がしたい人はHTC J ButterflyかXperia Z4を買うべき。
これでやると本当にブスになりかねない。
インカメ

最後に、公式では何故かカメラのライトが使えない事になっている
デュアルLEDライトが付いていて、オート発光、強制発光、発光禁止から選ぶ事が出来るので
えっライトは?という方もご安心頂きたい。
強制発光で撮影
ライト

なお、ライトは上のメニューに「フラッシュライト」という項目があり
フラッシュ

オンにすると懐中電灯としても使える事になっている。
コレが中々あなどれず、尋常じゃなく明るいので本当に懐中電灯として使える。
異常に明るくてピントが微妙に合わなかった・・・
背面ライト


以上の通り、マニュアル撮影で色々遊びたい人にはうってつけのカメラで、満足行くと思う。
画質もスマホとして見れば、上々だろう。

設定が見つけられなかったのだが、撮影サイズが変更できなかった(メイン5312×2988、イン1920×1080)が
どこかで設定できるんだろうか?16:9と4:3と1:1で撮ることは出来るようだ。
ビデオはスローモーション、HD、FullHD、UHDの4種類。
そのままブログに張りたい!とかいう目的であれば小さめのサイズで撮りたい人もいそうだが・・・

細かく弄れるマニュアルと、誰でも簡単なベーシック(とシンプル)という位置づけのようだが
贅沢言えばマニュアルとベーシックの中間、セミマニュアル的なのが欲しかったところだ。
色味を赤くしたい青くしたい、明るくしたいなど基本はオートだが少しだけ弄れるモードがあっても良かったかも。



 コメント一覧 (1)

    • 1. anonymous
    • 2015年08月19日 17:27
    • 2 この端末のライトはデュアルLEDライトではありません。

コメントする

名前
 
  絵文字